平成27年 峰中修行会のご案内

「平成27年 求菩提山秋峰奥駈修行 峰中修行会」が平成27年10月11日( 日 )~ 10月12日( 月・祝 ) に行われ、150名の行者が無事に満行を迎えました。ありがとうございました。

峰中修行会は、修行者が自己の魂を大先達に預けることによって肉体(物理体)だけで全ての物欲から自己を解き放つ執着解脱の行をします。特別な儀事、儀礼により死者となった後、再び一個人として新たに自己をつくりあげていくのです。これは自分自身を供養する自供養法でもあります。

 

求菩提英彦山奥駈修行では、発心・修行・等覚・妙覚という場の中において、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天道・声聞・縁覚・菩薩・仏という十界を修行しこの修行を通じ(仏教的には「六波羅蜜」という布施・精進・忍辱・持戒・禅定・智慧の修行を行ない)山・谷・湿地・瀧や岩壁を経巡って山の神仏から新しく生まれ変わった命をいただき、山で得られた力、験力や法力を高め俗世界に再生するという修行の世界観が有る。

言い換えれば、人間も自然も共に生命を持つことに気づき、大自然そのものと自己が二つで一つの世界になることが修験の極意である。

求菩提英彦山峰中修行会DVDより


You may also like...