北斗七星供養会

北斗七星供養会 節分祭

北斗七星供養会節分祭は、燃え上がる御護摩の炎と煙によって厄を祓い、福徳を招く伝統行事です。例年、日本各地より多くの方々のご参拝をいただいております。

立春の前日を示す「節分」とは、元来は「季節を分ける」ことを示し、立春、立夏、立秋、立冬の前日のすべてが節分です。旧暦の時代に「立春正月」などと呼び春の訪れを一年の始まりの節目として祝ったことから、特に立春が重要な行事となったようです。現代のような形式の「節分」は、平安時代の「追儺」という悪霊ばらいの行事が元となっていますが、さらに時代をさかのぼると中国最古の民族がおこなった奇怪な服装や動作によって悪神をおどす呪術的行事が「追儺」の始まりであると言われます。

日本では、文武天皇の慶雲三年(七〇六)に疫病が流行し多くの人々が亡くなった際に「土牛」を作って疫気を祓ったことが「追儺」の始まりであると、「続日本書紀」に記録が残されています。

平安時代の宮中では、陰陽師が祭文を読み、黄金の四つ目の怖い面をつけた方相氏が矛と盾を持ち、その矛を地面に打ち鳴らしながら「鬼やらい、鬼やらい」といいながら宮中を歩き回り、その後を殿上人たちが桃の弓と葦の矢を持って続くという追儺の儀式がおこなわれるようになりました。

また、「鬼は外、福は内」と言いながら炒った大豆を蒔く「豆まき」は豆の霊力立春の前日を示す「節分」とは、元来は「季節を分ける」ことを示し、立春、立夏、立秋、立冬の前日のすべてが節分です。旧暦の時代に「立春正月」などと呼び春の訪れを一年の始まりの節目として祝ったことから、特に立春が重要な行事となったようです。現代のような形式の「節分」は、平安時代の「追儺」という悪霊ばらいの行事が元となっていますが、さらに時代をさかのぼると中国最古の民族がおこなった奇怪な服装や動作によって悪神をおどす呪術的行事が「追儺」の始まりであると言われます。

日本では、文武天皇の慶雲三年(七〇六)に疫病が流行し多くの人々が亡くなった際に「土牛」を作って疫気を祓ったことが「追儺」の始まりであると「続日本書紀」に記録が残されています。

平安時代の宮中では、陰陽師が祭文を読み、黄金の四つ目の怖い面をつけた方相氏が矛と盾を持ち、その矛を地面に打ち鳴らしながら「鬼やらい、鬼やらい」といいながら宮中を歩き回り、その後を殿上人たちが桃の弓と葦の矢を持って続くという追儺の儀式がおこなわれるようになりました。

また、「鬼は外、福は内」と言いながら炒った大豆を蒔く「豆まき」は豆の霊力を借りた邪気払いです。

豆撒きに使う大豆の黄色い色は「中央」という意味をもっています。方位の神様の色は、東が青、西が白、南が赤、北が黒ですので、中央を表す黄色の豆を撒き大豆の形状エネルギーを拡散することで、住んでいる方のご法度の心やその家の悪い波動(霊波・念波)を祓うということになるのです。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。